HOME

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5匹の家猫のおはなし


ボクの作品の創作環境には必ず猫がいます。

販売を意識して創作する際は気をつけているのですが
家猫なので、こまめに掃除していても家の中には当然のように猫たちの毛が舞っています。

幸い、今までにそういったクレームなどはありませんが
作品への混入が、どうしても避けられない場合もあります。
販売の際は、それらをご了承いただいた上でご購入いただいております。

それは今までも、そしてこれからも変わりません。





それでは、うちの猫たちのおはなしをさせていただきます。

うちは夫婦二人暮らしです。
子供を授かることが出来なかったためか
今は4匹の愛猫たちを我が子のように思って暮らしております。


009_20160225015505088.jpg

写真に写る階段の下段から上段に向かって順に
チョコ(6歳9ヶ月♂)、みかん(1歳6ヶ月♀)、クルミ(0歳8ヶ月♀)、あんず(0歳8ヶ月♀)
今はこの4匹がボクの子どもたちです。

「今は」というのも、本当はもう1匹いました。
ミントという名の白黒のハチワレ猫で女の子です。

IMG_0382 (2015_12_19 03_51_07 UTC)

享年7歳と6ヶ月ほど。
ミントは昨年2015年の12月に他界しました。悪性腫瘍でした。
思っていたよりも早くやってきた突然のお別れに夫ともども気持ちの整理がおいつきませんでした。

ミントはウチの子第1号。初めての家猫です。







長くなったのでたたみます。
続きを読んでくださる方は、続きを読むからどうぞ。









ミントは自分たちで保護した猫です。





あれは9月下旬の少し肌寒さを感じるようになってきた頃のことでした。



土砂降りの雨が降る夕暮れに、我が家の駐車場の車の下で、
ずぶ濡れになって弱々しく鳴いていた姿を今でも忘れられません。


ガリガリで痩せ細っていて、今にも息絶えてしまいそうだった子。


最初は警戒してトイレも行かない、なかなかご飯も食べてくれない、
このままじゃ、もう死んじゃうんじゃないか?と心配しました。
それがみるみる元気になってくれて・・・そんなこともつい最近のことのように感じます。

うちの子になるために来たと言ってもおかしくない子。
でも、もう、家の中のどこを見てもミントの姿はありません。


369.jpg



亡くなる直前には、初めて家に来た日のようにガリガリに痩せ細っていました。
嗅覚がおかしくなって食べ物を認識できなくなったため食事が殆ど出来なかったからです。
脱水だけは避けたいと、獣医の指導を受け、毎日、自宅補液をしていました。



その日も、夫が仕事から帰宅したので、ボクはキッチンで補液の準備をしていました。
居間から変な音が聞こえたような気がしました。 そのあと、夫の叫び声。
居間に急いで行くと、夫の腕の中で、ぐったりしたミントの姿がありました。
ボクが顔を覗き込むと、ミントはもう息をしていませんでした。





夫は実家で猫を飼っていましたが、ボクは猫と暮らす生活はミントが初めてでしたから
そんな彼女には特別な思い入れが合ったんだと思います。

ミントがいなくなってから、心にポッカリ穴が空いたような日々。
ふと、思い出しては涙がポロポロ溢れていました。



そして、ボクは思ったのです。

残されたチョコとみかんをミントの分まで大事にしていこう、
もう猫は増やさないことにしよう、看取る辛さはチョコとみかんとであと2回もある。
チョコとみかんを看取ったら終わりにしようと・・・




そんな寂しさを引きずりながら暮らしているうち、
夫がネットでハチワレの白黒猫の写真ばかり見るようになりました。

実のところ、ミントは夫にベッタリでした。
寝る時は夫の腕枕で一緒に寝ていましたし、夫が仕事から帰ると、
玄関まで行ってお出迎え、夫の肩にひょいと乗って・・・
いつでも家に居る時は夫のそばにいたミント。

ボクよりも夫のほうがペットロスになっていたのかもしれません。





そうこうして、ある日。
ボクたちは2匹の白黒の姉妹猫と出会ったのでした。




模様は全く違うのに、顔の形や目鼻立ちがミントにそっくりで、
たまたま、ご近所だった保護主さんにお願いしてお見合いをさせてもらい
1ヶ月のトライアル期間を得て、2匹の里親になってしまいました。

もう猫は増やさない!そう決めていたはずなのに
まるでミントの姉妹のような2匹の仔猫たち。
この出会いは、ミントが運んでくれたご縁じゃないかと思わずにはいられないのです。
(わかっております。飼い主の勝手な思い込みです・苦笑)



今では2匹ともすっかりウチの子になり、4匹仲良く過ごしています。
ミントもそばで見てるんじゃないか?と思うことが多々あります。
オカルトちっくなはなしですが、その話はまたの機会に。

そんなボクの大切な家族のおはなし。


長い記事を最期まで読んでくださってありがとうございます。
実はボク、プロフィールにも書いてますが猫アレルギーなんです(笑)
スポンサーサイト

■Profile

Yuuka Maekawa


Yuuka Maekawa
アナログ絵描き。
主にペン画。稀にパソコンを使用し着色した作品などもある。動物をモチーフにした絵が得意。大阪を拠点に創作活動中。

猫がいないと生きられないのに猫アレルギーなヒト科のメスで旦那マンと二人暮らし。猫を4匹飼っている。


趣味は絵本と児童文学書の収集で自身も物語を執筆中である。

最近、卒業宣言したはずのドール遊びを復活、日本国内ではタカラトミーが販売しているブライスという名の人形に熱を上げている。ソレに伴い、過去に活動していたドール服作りも再開しようと企てている。

■My Onllline Shop


■Clender

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

■LINE Sticker

オリジナルキャラクター・マメンスクのLINEスタンプ販売中です。

■Search this site.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。